Student Spotlight: Linda Kuniyama, Japanese-Iraqi Degree Seeking Student

My name is Linda, and I am an Iraqi-Japanese student at John Cabot University. I spent most of my life in Japan, where I spent several years working as an English-Japanese interpreter for various companies. I began working right after I graduated from high school instead of going to University for financial reasons. I began as a secretary, was promoted to a translator a few years later, and ultimately became a professional interpreter.

I worked for prestigious companies such as Morgan Stanley, Unilever and Reckitt Benckiser. Working for these companies taught me not only translating skills, but also business manners, cross-cultural communication skills between Japanese and international colleagues, and team work. However, I always desired to continue my education. For most of my adult life I knew only life as an interpreter, but it wasn’t enough for me. I wanted to explore, expand and extend the limit of my world. I wanted to educate myself.

Since I had never been to university, I didn’t even know how to begin looking for schools. In internet search resulted in a website with a list of several universities in Rome, and with some extra help from a friend I finally found John Cabot University. I emailed them immediately and they were very helpful responding to me, even though I lived thousands of miles away from Rome.

With an encouragement from JCU staff, I applied for it and got accepted, which has completely changed my whole life. Suddenly, my life has changed from an interpreter to a University student at the age of 31. Every experience was new and fresh to me. I didn’t know what the semester meant. I didn’t know the meaning of bachelor degree. I learned everything related to the American university system at John Cabot.

There was time that I almost gave up my dream of attending university in my 20s, but John Cabot welcomed and accepted me regardless of my age. One of my favorite professors, Professor Arnone, suggested that I pursue a degree in Communications, because it suits my character well. I took his advice, and I am really enjoying my coursework. My classes range from public speaking to oil painting class, allowing students to learn many ways to communicate in the 21st century. My painting class has been one of my favorites. I never expected to learn painting at my age, but it has been a wonderful experience.

My professional experience as a translator and interpreter led me to believe that written and spoken language is the only tool for communication, but JCU has taught me that there are so many ways to express oneself.  Now, after two and half years in Rome, I am more confident and happy about myself. My professional and academic experiences have shaped the person I am today, and I am grateful to John Cabot University for the many doors it has opened for me.

linda2

こんにちは。私の名前は国山リンダと申します。私は、イラクと日本のハーフで、現在イタリアのローマのJohn Cabot 大学の大学生として暮らしています。私は、30代前半迄日本で暮らして、学生になる以前は英語と日本語を生かした通訳として複数の企業で勤務しておりました。経済的な理由で、高校を卒業してから、社会人となり最初は秘書の仕事をして翻訳業務に携わり、最終的には通訳として働くようになりました。過去には、モルガンスタンレー、ユニリーバ、レキットベンキンザーという外資系企業で英語に携わる業務をしておりました。企業で働くにあたって、通訳業務だけではなく、ビジネスマナー、日本と海外の異文化ビジネスコミニュケーション、そしてチームワークも学びました。働くことによって充実した日々を送っているかのようにも思えましたが、心の奥底でずっと大学で勉強をしたいという強い思いがありました。私の社会人時期は、一貫した通訳という仕事での人生でしかありませんでした。それは自分の中で非常にもの足りなく、決して満足しているものではありませんでした。

常に探求心を求めて自分の視野を広めたいと思いました。

教養こそがそれを広げるものだと痛切に感じたからです。

私は、31歳になるまで大学に行ったことがなかったので、志望大学を検索する事さえ知りませんでした。インターネットで検索中、ローマ在住の大学のリストを見つけ出し、友人の力を借りて、幸運にもようやくこの、John Cabot大学に辿り着いたのです。私はすぐに大学に問い合わせのメールをしました。遠く何千キロもローマから離れている日本にも拘らずJohn Cabot大学は早急に返事を下さりとても親切な対応をして頂きました。スタッフの励ましと共に、私はJohn Cabotに大学受験をして、みごと合格しました。私の人生が大きく変わった事は言うまでもありません。今まで社会人の私が、突然31歳にして大学生になったのです。大学での生活や体験は私にとってはとても新鮮なものでした。私はセメスターの意味さえ知りませんでした。アメリカ大学のシステムに関連する事をすべてJohn Cabotで学びました。

過去に、20代で大学進学を諦めた事もありましたが、John Cabotは私の年齢に関係なく受け入れてくれました。恩師のうちの一人、アルノーネ教授が私の性格にまさにぴったりな、コミュニケーション学部を推奨して下さり、今はそれを楽しく勉強しています。私の授業は、弁論の授業から油絵絵画と幅が広く、21世紀の生徒たちにあらゆる方法でコミュニケーション能力を身につけさせてくれます。絵画のクラスは私の最も得意分野とするところです。まさか30代で絵画を勉強するとは夢にも思わず、とても素晴らしい体験をさせて頂きました。

今まで通訳と翻訳の職業に携わっており、読む、書く、話す事だけが コミュニケーション能力だと思っていましたが、John Cabot大学は、あらゆるコミュニケーション方法で自分を表現する能力を身に着けさせてくれました。入学して2年半が経過して、現在私はローマに居住して自信に満ち溢れた大学生活を楽しく送っております。この大学生活が、今日の私を形成していると言っても過言ではありません。

John Cabot大学は私のあらゆる可能性を見いだしてくれました。

Linda Kuniyama
Communications Major
Hometown: Tokyo, Japan
Class of 2016

Student Spotlight

Menu